プラグイン

【レビュー】Neutron 4チート機能5選!DTM初心者にこそオススメしたい理由

【レビュー】Neutron 4チート機能5選!DTM初心者にこそオススメしたい理由

iZotope社からリリースされた「Neutron 4」の新機能についてカンタンにまとめました

「コレ、DTM初心者の頃にあったらなあ~」と思ったチート機能を重点的に解説していきます!

Neutron 4は汎用性ばつぐんのミキシング用総合ツール

Neutron 4は、とっても汎用性の高いミキシング用総合ツールです

「よりスマートに、より速く」ミキシング作業を行うことができるので、DTMをはじめたばかりの初心者にもオススメのプラグインとなっています

何を隠そう、僕自身、DTM歴3ヶ月の頃にNeutron 3を購入してからずっとお世話になりっぱなしです◎

今回、新たにNeutron 4にアップデートされ、もとから便利だった機能がさらに「わかりやすく&使いやすく」なっていて目が飛び出るほどおどろきました

おゆひよこ
正直ちょっと悔しくなるぐらいチート機能満載だった・・・

Neutron 4の新機能5つ

Neutron 4になって新たに追加された機能は、以下の5つです

  1. アシスタントビュー
    ミキシングの基準を自動生成
  2. リファレンスマッチング技術
    リファレンスをリアルタイムでマッチング
  3. 自動アンマスキング
    マスキングの問題を発見して自動除去
  4. Trashディストーション
    「Trash 2」で音を歪ませる
  5. パンチコンプレッションモード
    サウンドの強さをコントロールして視覚化

言葉だけ見ても「なんのこっちゃ?」という感じだと思うので、ひとつずつ詳しく解説していきます!

特に、上3つの機能は思わず「うおぉ」と声が出てしまうほど便利だったので、その3点を中心に解説します◎

アシスタントビュー

これまでのモデルで言うところの「Mix Assistant」という機能にあたります

「アシスタントビュー」をカンタンに説明すると、オーディオの再生をはじめると自動で解析が行われ、基準となるスタート地点が作成されます

  1. Neutron 4を挿す
  2. アシスタントボタンを押して、処理が完了するまで待機
  3. おしまい

まさかの ワンタップ でイイ感じの音になってしまうという、まさにチート機能ともいえるNeutron 4最大の機能です

マスタートラックはもちろん、個別のトラックに挿しても"イイ感じ"にしてくれるので、これからは「とりあえずNeutron 4を挿してアシスタントビュー」という作業がルーティンになりそうです◎

「いやいや、ワンタップでそんな自動でやってくれるわけないじゃん」って思いますよね?

たぶん実際に聴いたみたほうが早いと思うので、以下の音声ファイルをチェックしてみてください

↓何の処理もしてないバージョン

↓アシスタントビューでワンタップしただけのバージョン

↓動画でも確認できます

※音源はBruks - 'Kak Tvoi Dela, Vova?'を使用させていただいています

アシスタントビューの使い方

わざわざ説明する必要がないほどシンプルすぎる手順ですが、一応カンタンに解説しておきます

まずは、アシスタントビューを適用したいトラックにNeutron 4を挿しましょう

次に、上部メニューの「アシスタントボタン」をクリックします

自動で解析がはじまります。数十秒で処理が完了するので、それまで待機します

おしまいです!

下の3つの項目についても説明しておきます

  1. Punch(パンチが出る)
  2. Distort(音を歪ませる)
  3. Width(ステレオ音像を調整できる)

「Distort」の項目では、上の画像のアイコンをクリックすることで「Trash 2」の歪みタイプに切り替えることもできます(エグいぐらい歪むので注意

※Trash 2は、もともとiZotope社から単体でリリースされているディストーションプラグインですが、今回のNeutron 4ではデフォルトで搭載されています

また「トーンマッチ」のスライダーを左右に動かすことで、好みの音を探しやすくなっています

上部メニューの「ディティールビュー」ボタンから詳細の処理を確認することもできます

以前までのモデルでは上の画像のディティールビューが基本でしたよね

この画面では「具体的にどんな処理がされたか」が視覚的に把握できるので、ミキシングの勉強や研究にも役立つと思います◎

リファレンスマッチング技術

リファレンスマッチング技術は、カンタンにいうと「お手本の音にAIが自動で近づけてくれる機能」です

以前までのNeutronは「プリセットを選ぶ→適用する」という流れだったんですが、今回のモデルでは「お手本を提示→AIが自動解析→マッチング」という流れになりました

曲作ってるときって、けっこうな頻度で「こんな感じの音にしたいんだけど、音色のコピーができない!」みたいな場面に遭遇しますよね・・・

でも、リファレンスマッチング機能を使えば、初心者でも「プロの音」に近づけることができるんですね

やり方はカンタン。まずは任意のトラック(今回はスネア)に「アシスタントビュー」を適用します

アシスタントビューの処理が完了後に「+」ボタンをクリック

近づけたいイメージ(リファレンス)のサンプルやステムを開きます

おしまい!

ここでも「トーンマッチ」のスライダーを動かすことで原音とのMIXバランスを調整することができます

もちろん完璧に同じ音とまではいきませんが、ディティールビューを参照することで「こういう処理をすれば、こういう音になるのね」という勉強ができます

リファレンスマッチング機能は、ドラム、ベース、ギター、ボーカル、オーディオトラックなど、目指したい音にそれぞれ適用が可能です。iZotopeのプリセットはもとより、独自のプリセットを組むこともできます!

↓動画でも確認できます

自動アンマスキング

自動アンマスキングは、ミックス中の周波数マスキングの問題を自動検出して修正してくれる機能です

以前までのNeutronにも「トラック同士のかぶり(マスキング)をオレンジ色の濃淡で表示してくれる機能」はありました。でも・・・

「マスキングしてるのはわかったけどさ、具体的にどう処理すればええんや?????」

と悩んでしまうことが多かったんですよね

それに引き換え、Neutron 4の「Unmaskモジュール」はマスキング除去の処理まで自動でやってくれるんです!

明瞭感をあたえて、にごったミックスを瞬時に修正できるのはありがたいですね~

まずは「邪魔となっているトラック」に「Neutron 4 Unmask」を挿します(今回はベースのバストラック)

続いてアンマスクの基準となる音を「サイドチェーン」で指定します(今回はキックの音)

以上で処理が完了です。各パラメーターを変更することで、マスクのかかり具合や強さを調整することができます

とりあえずは「一番左の大きい円」と「Sensitivity」の項目を調整してあげるだけでかなりイイ感じになります

また、左右にあるバーをスライドさせることで、帯域ごとにアンマスク処理を行うことも可能となっています◎

↓動画でも確認できます

そのほかの機能

そのほか、Neutron 4に追加された機能は以下の通りです

  • パンチコンプレッションモード
    サウンドの強さをコントロールして視覚化。パンチ・モダン・ヴィンテージからモードを選択できる
  • UI(ユーザーインターフェース)とフィールの改善
    アシスタントビューとディテールビューを切り替えてワークフローをカスタマイズできる
  • コンプレッサー・モジュールのサイドチェーンメータリング
  • パフォーマンスの向上
    Apple シリコンネイティブ(M1, M1 Pro, M1 Max)チップと互換性があるので、より高速な処理が可能

7月1日までの期間限定イントロセール

Neutron 3までは「Neutron Standard」と「Neutron Advanced」という2つのグレードがありましたが、Neutron 4ではグレードの境目がなくなり、ひとつの「Neutron 4」に統一されました

Neutron 4は、7月1日までの期間限定でイントロセールを実施中です!

対象製品は以下の通りです

  1. 通常版
  2. クロスグレート版
  3. 過去のNeutronからのアップグレード

iZotope製品を有料購入したことがある方は「クロスグレード版が62%OFF」と格安でNeutron 4が入手できます◎

▶通常版 Neutron 4をチェックする

▶お得→クロスグレード版 Neutron 4をチェックする(有料購入したiZotope製品をお持ちの方)

▶過去のNeutron Standard か Advancedをお持ちの方のアップグレード版

実質だれでも最安でNeutron 4を入手できるウラワザ

iZotopeのプラグインひとつも持ってません!という方も、

「いまセール中になっているiZotope製品(だいたい10ドルから~)」

をどれかひとつでも購入すれば対象となりますので、実質、全DTMerが対象のセールといえます

▶セール中になっているiZotope製品をチェックする

「海外サイト使うの不安だなあ」というDTMer向け

Neutron 4の購入先と紹介しているサイト「Plugin Boutique」は海外のプラグイン販売サイトですが、実は、円表示もできるし、日本語サポートもあるんですよね(あまり知られてないケド・・・

以下の記事では、画像つきで「Plugin Boutiqueでのプラグインの購入方法」を詳しく解説しているのでぜひこちらもチェックしてみてください◎

Plugin Boutiqueの使い方は?DTMプラグインの買い方を解説するよ

続きを見る

Neutron 4のYouTube動画リスト

プラグインや機材をお得にゲット!

音楽制作には欠かすことのできないプラグインや機材たち・・・

どうせなら一番「お得な方法」でゲットしたいですよね◎

ココでは、アマチュアからプロまで使ってるオススメのショップを紹介しています

お気に入りのショップを見つけて、ぜひ活用してみてください♪

サウンドハウス

サウンドハウス

サウンドハウスは、音楽機材などを衝撃的な価格にて提供する国内最大級のオンラインショップです

最低価格保証付き&2,000円以上のお買い物で送料が無料&安心の3年保証という充実したサービスが魅力♪

詳細ページでは、ポイントのお得な使い道について解説してます

Plugin Boutique

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Plugin Boutiqueは、英国を拠点に音楽制作関連のソフトウェアを販売する業界最大手のショップです。 お得なセールを頻繁にやっているので、日本で買うよりも安くなっていることが多い◎

「えっ、でも英語なんでしょ? 不安だ・・・」という方でもご安心を

詳細ページでは、実際に「アカウントの作成」から「プラグインを実際に購入するまで」の流れを画像つきで詳しく解説しています♪

Amazon

機材などをAmazonでお得にお買い物するには、事前にAmazonギフト券をチャージしておくのがオススメです

現金でチャージするたび、最大2.5%のポイントが貯まります! 1円単位からチャージが可能なので、使いすぎも防げますね◎

クレジットカードを持っていなくても活用できるお得なサービスです♪

  • この記事を書いた人

おゆひよこ

楽曲制作を始めたばかりのDTM初心者に向けて、作曲方法や音楽機材、プラグインの情報などを発信中|Twitterもやってます→おゆひよこ(@oyu_sound )

-プラグイン