ボカロ

NEUTRINOのダウンロード方法と使い方【ずんだもん8月1日実装】

NEUTRINOのダウンロード方法と使い方【ずんだもん8月1日実装】

こんにちは、おゆひよこ(@oyu_sound)です

この記事では、NEUTRINOのダウンロード方法と使い方を超わかりやすく解説しています

※Windowsの画面での説明となりますが、Macの場合でも基本的な流れは変わりません

NEWS

2022年8月1日から「ずんだもん」の歌声ライブラリが新しく追加されます~!楽しみだね~~~!!!

NEUTRINOとは

NEUTRINOは、ニューラルネットワークを用いた無料の歌声シンセサイザーソフトウェアです

歌詞とメロディを入力した譜面データを用意することで、簡単に「東北きりたん」や「めろう」といったシンガーたちに歌を歌わせることができます

推奨動作環境

動作環境Windows 10
MacOS (Apple Silicon / Intel)
オンライン (Google Colab)
Linux (Ubuntu)
CPUIntel Core i5
AMD RYZEN 5
Apple M1
GPU(オプション)NVIDIA製のGPU(4GB以上のGPUメモリを推奨)
メモリ8GB 以上
ディスク空き容量10GB 以上の空き容量

通常版とオンライン版との違い

「NEUTRINO」には、大きく分けて「通常版」と「オンライン版」があります

どちらも無料での使用が可能ですが、基本的には通常版での使用で十分かと思います

ただし、以下の項目にあたる方は「オンライン版」を選んだほうがいいかもしれません

  • 推奨動作環境を満たしていない
  • 「通常版」での処理速度が気になる
  • スマホでNEUTRINOを使ってみたい

まずは今回の記事で紹介している「通常版」での利用方法を試してみて、問題が出てきたらオンライン版の使用を検討するといった流れがスムーズかなと思います!

▶オンライン版NEUTRINOのダウンロード方法と使い方

オンライン版NEUTRINOの使い方!AIきりたんに無料で歌ってもらおう

続きを見る

2つの歌声合成システム「WORLD」と「NSF」の違い

2022年7月現在、NEUTRINOによる音声合成を行うと「WORLD」と「NSF」という2つのWAVファイルが出力されるようになっています

「〇〇_nsf.wav」は「NSF」を、「〇〇_syn.wav」は「WORLD」を使用して作られた WAVファイル
  • NSF・・・低音の詰まった感じがなく、クリアでアタック感がある。適正音域であれば、音質的な外れがほとんどなく、品質も安定して高い
  • WORLD・・・ピッチシフト・フォルマントシフトなどの加工に強く、適正音域から大きく外れた音声にも強い

「よくわからないよ!」という方も安心してください

どっちにしてもデフォルトでは2つの音声ファイルが出力されるようになっているので、両方を聴き比べてみてどちらが自身の楽曲に合うか判断すれば大丈夫です◎

NEUTRINOを始めるために必要な手順と全体の流れ

NEUTRINOを始めるために必要なものと全体の流れは以下の通りです

今回の記事の順番で進めていけば間違いないので、いまの段階でわからないことがあっても気にしなくていいです!

必要なもの

  1. 「NEUTRINO」本体
  2. NEUTRINOの「歌声ライブラリ」
  3. 楽譜作成ツール「MuseScore」
  4. MusicXMLファイル(MuseScoreで作成)

全体の流れ

  1. NEUTRINOダウンロード
  2. MuseScoreダウンロード
  3. MusicXMLファイルの作成
  4. NEUTRINOによるWAVファイル生成

①NEUTRINOのダウンロード

NEUTRINOの公式サイトにアクセスし、「DOWNLOAD」もしくは「Start Now」をクリックします

▶NEUTRINO公式サイト

NEUTRINOのダウンロード先(Googleドライブ)に移動するので、「NEUTRINO-Windows-vx.x.x.zip(※Macの方は「NEUTRINO-mac-vx.x.x.zip」)」というファイルを右クリックし、「ダウンロード」を選択します

『ファイルのウイルス スキャンを実行できません』とのメッセージが表示されたら、「エラーを無視してダウンロード」をクリックします。zipファイルのダウンロードが開始されます

ダウンロードしたzipファイルを右クリックし、「すべて展開」を選択します

「展開」をクリックします。「NEUTRINO」を置く場所を指定する場合は「参照」から任意の階層を指定しましょう(なるべく分かりやすい場所がいいです)

「NEUTRINO」のダウンロードが完了しました

「NEUTRINO-Windows-vx.x.x」フォルダ内にある「NEUTRINO」というフォルダが本体となります

②歌声ライブラリのダウンロード

「NEUTRINO」には初期ボーカルとして「MERROW」が入っています(2022年7月時点)

「東北きりたん(KIRITAN)」や「No.7(SEVEN)」など他のボーカルに歌ってもらいたい場合は、別途「歌声ライブラリ」をダウンロードする必要があります

先ほどのNEUTRINOのダウンロードページから「歌声ライブラリ(Singer Library)」をダブルクリックします

追加したいシンガーのzipファイルを右クリックし、「ダウンロード」を選択します。今回は例として「東北きりたん」の歌声ライブラリを選びました

『ファイルのウイルス スキャンを実行できません』とのメッセージが表示されたら、「エラーを無視してダウンロード」をクリックします。zipファイルのダウンロードが開始されます

ダウンロードしたzipファイルを右クリックし、「すべて展開」を選択します

「展開」をクリックします

歌声ライブラリのダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックして開きます

続いて「"Singer名"(NEUTRINO-Library)」をダブルクリックします

シンガー名が書かれたフォルダを「NEUTRINO-Windows-vx.x.x」→「NEUTRINO」→「model」にドラッグ&ドロップします

念のため「NEUTRINO-Windows-vx.x.x」→「NEUTRINO」→「model」に追加したいシンガー名のフォルダが存在しているか確認しておきましょう

③MuseScoreでのMusicXMLファイル書き出し方法

NEUTRINOの音声合成は「MusicXML」という譜面データをもとに作ります

MusicXMLファイルの生成には、フリーの楽譜制作ソフトウェア「MuseScore」の使用が公式で推奨されています

MuseScoreの基本的な操作方法やMusicXMLファイルの書き出し方法については以下の記事を参考にしてください

▶MuseScoreのダウンロード方法と使い方

MusicXMLファイルを準備できたら、次のステップに進みましょう!

NEUTRINOを歌わせるためのMuseScoreの使い方と調声のコツ

続きを見る

NEUTRINOの調声について

MuseScoreでも調声は可能ですが、MuseScoreを作成したあとは「NEUTRINO調声支援ツール」を使って調声を行ったほうが楽です

楽譜が苦手な方や「VOCALOIDやCeVIOのようにGUIで調声したい」という方には、以下のツールがおすすめ◎

▶NEUTRINO調声支援ツールのダウンロード方法と使い方

NEUTRINO調声支援ツールの使い方!ダウンロード方法も解説します

続きを見る

④NEUTRINOでの音声データの出力方法

タスクバーの検索窓に「メモ帳」と入力し、メモ帳を開きます

「NEUTRINO」フォルダにある「Run.bat」ファイルをメモ帳にドラッグ&ドロップして開きます

Run.batファイルの変更箇所は主に以下の2つです

1.「set ModelDir=xxx」のxxxの部分を使用したいシンガー名にする

それぞれのシンガー名は以下の通りです(使用したいシンガーの音声ライブラリが「NEUTRINO」→「model」に存在していることを確認しましょう)

  • 東北きりたん→KIRITAN
  • 東北イタコ→ITAKO
  • 東北ずん子→ZUNKO
  • 謡子→YOKO
  • JSUT→JSUT
  • めろう→MERROW
  • No.7→SEVEN
  • ナクモ→NAKUMO
  • ずんだもん→ZUNDAMON

2.「set BASENAME=xxx」のxxxの部分を出力したい「MusicXML」ファイル名にする

PitchShiftとFormantShiftについて

ちなみに「set PitchShift」と「set FormantShift」を編集すると、以下の調整が可能です

  • PitchShift:キーの高さ
  • FormantShift:声質の変更
    上げると子供っぽく、下げると大人っぽくなる(0.85-1.15あたりが推奨)
Key-6-5-4-3-2-10+1+2+3+4+5+6
PitchShift0.7070.7490.7940.8410.8910.9441.0001.0591.1221.1891.2601.3351.414

Run.batファイルの変更が完了したら、上部メニュー「ファイル」から「上書き保存」をクリックして内容を保存します

次に、Run.batファイルをダブルクリックして起動します

「WindowsによってPCが保護されました」とメッセージが表示されたら「詳細情報」をクリックします

「実行」をクリックすると、Run.batによる音声データ出力が開始されます

以下のような黒い画面が開きますので、作業完了までしばらく待機しましょう

出力された音声データは「NEUTRINO」→「output」に保存されています

2つのWAVファイルが出力されていると思いますが、それぞれのWAVファイル「xxx_nsf.wav」と「xxx_syn.wav」の違いについては記事冒頭で解説しています

出力が遅い場合は、NSFの合成処理をオフにすることも検討しましょう

  • Windows版:Run.batのNSFの行をコメントアウト(”:”を先頭に付ける)
  • macOS版:Run.shのNSFの行をコメントアウト(”#”を先頭に付ける)
  • オンライン版:Run.shのNSFの行をコメントアウト(”#”を先頭に付ける)

以上が通常版NEUTRINOで音声データを生成するまでの全手順です

何かわからないことや不明点があったら、おゆひよこのTwitterから質問してください。できる範囲でお答えします!

▶MuseScoreのダウンロード方法と使い方

NEUTRINOを歌わせるためのMuseScoreの使い方と調声のコツ

続きを見る

▶オンライン版NEUTRINOのダウンロード方法と使い方

オンライン版NEUTRINOの使い方!AIきりたんに無料で歌ってもらおう

続きを見る

▶NEUTRINO調声支援ツールのダウンロード方法と使い方

NEUTRINO調声支援ツールの使い方!ダウンロード方法も解説します

続きを見る

[st-kaiwa-1]VoiSona(旧CeVIO Pro)知声のダウンロード方法と使い方も紹介してます↓[/st-kaiwa-1]

▶【無料】VoiSona(旧CeVIO Pro)知声のダウンロード方法と使い方

【無料】VoiSona(旧CeVIO Pro)知声のダウンロード方法と使い方を詳しく解説します

続きを見る

プラグインや機材をお得にゲット!

音楽制作には欠かすことのできないプラグインや機材たち・・・

どうせなら一番「お得な方法」でゲットしたいですよね◎

ココでは、アマチュアからプロまで使ってるオススメのショップを紹介しています

お気に入りのショップを見つけて、ぜひ活用してみてください♪

サウンドハウス

サウンドハウス

サウンドハウスは、音楽機材などを衝撃的な価格にて提供する国内最大級のオンラインショップです

最低価格保証付き&2,000円以上のお買い物で送料が無料&安心の3年保証という充実したサービスが魅力♪

詳細ページでは、ポイントのお得な使い道について解説してます

Plugin Boutique

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Plugin Boutiqueは、英国を拠点に音楽制作関連のソフトウェアを販売する業界最大手のショップです。 お得なセールを頻繁にやっているので、日本で買うよりも安くなっていることが多い◎

「えっ、でも英語なんでしょ? 不安だ・・・」という方でもご安心を

詳細ページでは、実際に「アカウントの作成」から「プラグインを実際に購入するまで」の流れを画像つきで詳しく解説しています♪

Amazon

機材などをAmazonでお得にお買い物するには、事前にAmazonギフト券をチャージしておくのがオススメです

現金でチャージするたび、最大2.5%のポイントが貯まります! 1円単位からチャージが可能なので、使いすぎも防げますね◎

クレジットカードを持っていなくても活用できるお得なサービスです♪

  • この記事を書いた人

おゆひよこ

楽曲制作を始めたばかりのDTM初心者に向けて、作曲方法や音楽機材、プラグインの情報などを発信中|YouTubeチャンネル登録者数700人突破!|Twitterもやってます→おゆひよこ(@oyu_sound )

-ボカロ