プラグイン

【MODO DRUM&MODO BASS】フォントが変になってしまう不具合の直し方

【MODO DRUM&MODO BASS】フォントが変になってしまう不具合の直し方

IK MultimediaのMODO BASSを使用中、ふとプリセットを選ぶ際のテキスト表示がおかしいことに気が付きました

いつの間にか「テキストの表示が『かわいいフォント』になってしまう」というバグが発生していたんですよね・・・

直近にPCやソフト音源の設定を変更したような覚えはなく、何が引き金になったのかについてはまったく思い当たる節がありません

なんともかわいい不具合なので、一瞬「別にこのままでもいいかな」と思ったのですが、やっぱり気になるので直しておきます!

概要について

症状

  • MODO BASSのプリセットを選ぶ際、テキストフォントに見慣れないフォントが使用されている

PCの再起動やソフト音源・DAWの再起動も試してみましたが、症状は解決できませんでした

環境

フォント表示の不具合が発生した環境を書いておきます

  • MODO BASS : Version 1.5.2
  • OS : Windows 10 Pro バージョン1909
  • DAW : Studio One 5.1.1.61815 Win x64 (Built on Nov 13 2020)

Mac OSで同様のバグが発生している方も、対処は一緒なので今回の方法で解決できるかと思います

同様の不具合はMODO DRUMでも確認済み

今回のバグを解決するに当たり、IK MultimediaのOfficial Forum(ユーザーが質問や回答を行える場所)を参考にしました

英語なので詳しい内容については割愛しますが、こちらのケースの場合では「MODO DRUM」でもプリセットのテキスト表示が変わってしまう不具合が発生していることを確認できます

また、別のプラグインにおいても同様のバグが発生していることも確認できているので、MODO DRUMやMODO BASS"以外"の製品をお使いの方で「プラグインのフォントの表示がおかしい」という場合も今回の方法を参考にしてみてください

ちなみに現在使用中の300近いプラグインを一通りチェックしてみましたが、現在、フォントの入れ替わりのバグが確認できたのはMODO BASSのみだけでした(※MODO DRUMは未所持なので確認できず)

変になってしまったフォントの表示を直す方法

以下の手順にて、誤って表示されているフォントを適切なものに修正していきます

  1. 誤って使用されているフォントの種類の特定
  2. 特定したフォントのアンインストール(必要に応じて再インストール)
  3. DAWの再起動後、正しいフォントが使われているか確認する

バグの原因がなんであれ、誤って表示されているフォントを一度アンインストールすれば、もともと表示されるはずのフォントと置き換えることができるはず◎

フォントの特定

まずは誤って表示されているフォントが「いったい何のフォントなのか?」ということを特定します

フォントを見ただけで「あー、これは◯◯のフォントだね」とわかる人はこの手順を飛ばしてください

僕はわからないので、以下の方法でフォントの特定を行いました

とりあえずなんでもいいのでプリセットを選択し、フォントを表示させる

「メモ帳(フォントが変更できるソフトならなんでもOK)」を開き、プリセット名と同じ文字を打つ

文字を見やすくするため、メモ帳の上部メニューから「書式」→「フォント」を選び、フォントサイズを大きくしておく

「不具合が発生しているソフト音源(今回はMODO BASS)」と「メモ帳」を並べて表示させ、フォントをひとつずつ切り替え、見比べながらフォントを特定する

フォントを特定した結果、いつだか「かわいいなあ」と思って導入したフリーフォント「しろくまフォント」であることが判明しました

フォントのアンインストール

フォントが特定できたら、次はフォントのアンインストールを行っていきます

Windowsの場合、フォントの保存場所を開く方法は2通りあります。わかりすいほうを選んでください

該当するフォントを見つけたら、上部メニューの「削除」を選び、アンインストールしてしまいましょう。不具合が解決するはずです

Macの場合は「起動ディスク(Macintosh HDなど)」→「ユーザ」→「(ユーザのホームフォルダ)」→「ライブラリ」→「Fonts」フォルダにフォントが収容されています(Font Bookでフォントをインストールした場合)

フォルダから開く方法

フォントファイルは下記の場所に保存されています

C:\Windows\Fonts

まず、なんでもいいのでフォルダを開き、左メニューの「PC」→「ローカルディスク (C:)」→「Windows」と移動していきます

「Fonts」と書かれたフォルダに現在インストールされているフォントファイルの一覧があります

コントロールパネルから開く方法

画面左下のスタートメニュー「W」をクリック→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」と移動します

画面右上の「表示方法」と書かれた位置の「カテゴリ」をクリックし、表示方法を「大きいアイコン」に変更します

「フォント」フォルダの中に現在インストールされているフォントが入っています

まとめ

MODO DRUMやMODO BASSのフォントが違うものに置き換えられてしまう不具合の根本的原因は最後までわかりませんでしたが、どうやら「フリーフォント」が悪さの一端を担っていたようです

結局、元のフォント(デフォルトはおそらくArielの太字)に戻るまで、「しろくまフォント」削除、「JKゴシック」削除、「M+ FONTS」削除、「PixelMplus」削除と、フリーフォントをことごとく削除するハメになりました・・・

フリーフォントを再インストールしたところ、またもやMODO BASSのテキストが置き換わるバグが発生しまったので、どうしても気になる方はフリーフォントをインストールしないようにしましょう

ただし、問題となったフリーフォントを再インストールしても、正常にMODO製品のフォントが表示されるケースもあるようなので、ここはケースバイケースですね

【裏技】MODO DRUMやMODO BASSを好きなフォントに変える方法

このバグに不幸にも見舞われてしまった方のみの裏技となりますが、ちょっとした方法で「MODO DRUM or MODO BASSのフォントを好きなものに変えることができる」ようになります

いろいろ試した結果、どうやら「一番最後にインストールされたフリーフォント」が適用されているようなので、適用したいフリーフォントを一度アンインストールして、再びインストールすればいいのです◎

少なくとも僕はこの方法でMODO BASSのフォントを8bit風にして遊ぶことができています(※この方法を実践する方は自己責任でお試しください)

解決するまでちょっと面倒だったけど、とってもかわいいバグに出会えて幸せでした◎

どなたか、MODO製品のフォントをもっと楽に変更できる方法を知っている方がいらっしゃいましたらTwitterから教えてください・・・

The displayed characters change with modo drum - IK Multimedia Official Forum

プラグインや機材をお得にゲット!

音楽制作には欠かすことのできないプラグインや機材たち・・・

どうせなら一番「お得な方法」でゲットしたいですよね◎

ココでは、アマチュアからプロまで使ってるオススメのショップを紹介しています

お気に入りのショップを見つけて、ぜひ活用してみてください♪

サウンドハウス

サウンドハウス

サウンドハウスは、音楽機材などを衝撃的な価格にて提供する国内最大級のオンラインショップです

最低価格保証付き&2,000円以上のお買い物で送料が無料&安心の3年保証という充実したサービスが魅力♪

詳細ページでは、ポイントのお得な使い道について解説してます

Plugin Boutique

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Plugin Boutiqueは、英国を拠点に音楽制作関連のソフトウェアを販売する業界最大手のショップです。 お得なセールを頻繁にやっているので、日本で買うよりも安くなっていることが多い◎

「えっ、でも英語なんでしょ? 不安だ・・・」という方でもご安心を

詳細ページでは、実際に「アカウントの作成」から「プラグインを実際に購入するまで」の流れを画像つきで詳しく解説しています♪

Amazon

機材などをAmazonでお得にお買い物するには、事前にAmazonギフト券をチャージしておくのがオススメです

現金でチャージするたび、最大2.5%のポイントが貯まります! 1円単位からチャージが可能なので、使いすぎも防げますね◎

クレジットカードを持っていなくても活用できるお得なサービスです♪

-プラグイン